低濃度PCBの回収運搬

PCBの処分とは?

PCBの正式名称は「ポリ塩化ビフェニル」と言います。電気絶縁性が高く熱に強いことから、トランスやコンデンサなどの絶縁油として流通していました。しかしその毒性や環境汚染の観点から製造や輸入はもとより新たに使用することが禁止されています。
PCBは高濃度低濃度に分類されますが、いずれもそれぞれの期日までに処分することが義務付けられています。リ・プラではその「低濃度PCB」処分の資格を有しています。
(※PCB油の汚染物も処分の対象になります)

(画像は某自治体HPから引用しています)

低濃度PCB処分までの流れ

低濃度PCBは2027年(令和9年)3月31日までに処分しなければいけません。期限が迫ると処分場や取扱業者が不足し、処理が間に合わない状況になることが予想されるため、各自治体も各地で説明会などを行い速やかな処分を求めています。処理場が混み合うと処理料金の高騰にも繋がりかねませんので、早期のご検討をお勧めします!(※高濃度PCB処分は行っていません)

お客様でご提示いただくもの

分析表 (弊社にて手配可能)
管轄の自治体が用意した「届出書」 (弊社にて届出代行可能)
名板写真 (弊社にて撮影可能)
重量と引き上げ場所、作業内容 (ヒアリングをさせていただきます)

ご契約後、弊社が代行し進めるもの

「低濃度PCB廃棄物調査票」を作成する (ご確認いただきます)
保管届の確認
収集運搬契約書の作成 (支払覚書を含みます)
処分契約書の作成 (ご確認いただきます)
PCB廃棄物搬入予定表の提出
搬入計画書の作成 (地図を作成します)
収集運搬実施計画書の提出
マニュフェストの発行
廃棄終了届を提出 (処分費用をご請求いたします)

無料簡易見積りフォーム

先ず、およその金額を知っておくことが重要です。お気軽にこちらをご利用下さい。

PCB チェックポイント-1

このお見積りはあくまでも参考ですので、一応の目安としてお考え下さい。

PCB チェックポイント-2

引出作業がある場合は、その料金は加算されます。

PCB チェックポイント-3

PCB油に触れてしまった汚染物がある場合も処分の対象になります。

引取個数  個
 引出し作業有り無し ※このお見積りには反映しません。

【形状】
個体のラベル等をご参照下さい。

トランスコンデンサ
 Kg
 リットル
 センチ

関連または関係各社